体育館の撮影 状況変化でカメラに要求される性能も変わる

体育館で行われる部活の撮影

学校での撮影は小学校までは運動会が主だったのですが、こどもの部活が中学から体育館で行われるようになったのです。それまでは主に屋外での撮影だったものですからISO100や200といった低感度で撮影していたのでカメラの高感度側の癖や明るさが足りない時の不便さに気が付かなかったのです。何度か納得の行かない撮影を繰り返して、新しいボディを買うことにしたのです。

眩しさを回避するために暗幕を締め切る

競技中は暗幕を締め切り選手の目の負担を抑えているようで体育館の中は天井からの照明が光源の全てです。もちろんフラッシュ禁止ですね。開会式にアナウンサれることが多くなりました。「競技の進行の妨げになるためフラッシュの使用を禁止します」といった感じです。

明るさが足りない

それまで光量不足を感じたことが無かったのでとても困ったんです。他の撮影では出力先をWebに限定したこともあって、発売から7,8年経過したモデルのカメラでも不満はありませんでした。ところが暗い室内に入った途端撮影できなくなりました。

屋外での撮影は感度を一番下げてさらに減光するためにNDフィルターを使うほどだったので夕方になるまでは感度を上げることなく、フラッシュも使う頻度が低かったのです。そのため、高感度での撮影を経験していませんでした。体育館の現場で慌てて感度を上げてみたものの、背面のモニターで確認してみるとノイズでザラザラ、ピントも合わないし、色もなんだか変。これは困ったなあと思ったもののそれまではなんの設定もしていないカメラでAモード、TVモードとPモードでお気楽に撮影していたので何もできなかったのです。

まず光量が足りなのでピント合わせに時間がかかったり、迷ったりするようになりました。これは感度を上げても関係ありません。写真の露出と合焦センサーは別なので光量が足りなかったりレンズのF値が大きいとピント合わせの時間がかかったり精度が甘くなようです。そこで、ピント精度の甘さを絞りでカバーしようと思っても暗いので絞れません。絞ると露出時間が長くなりすぎて選手の動きが大きくなってしまい流れ過ぎ写真になってしまうのです。

照明は天井からの水銀灯やナトリウムランプ

体育館の照明は水銀灯やナトリウムランプの組み合わせが既存の体育館では主流です。新設の体育館ではLEDでの設計が多くなっていますけど。この水銀灯とナトリウムランプの組み合わせがまた厄介なんです。
ホワイトバランスを取ろうとホワイトボードや選手のゼッケンから白を探してから手動でホワイトバランスを取るんですが、選手の位置で色が変わるんです。というのもランプの色が2種類あるためでどちらか一方でホワイトバランスを決めてしまうと一方で緑や黄色に振れてしまうのです。会場によって色や照度が違うので一概に言えなのですが手動で取る必要があるところとプレセットの設定でうまくいくところがあります。

また何枚かに一枚は露出が落ちるものも出てきます。これはランプがチラチラしているためでチラチラの間にシャッターが開くと露出不足の写真ができあがるのです。最近カメラにはフリッカーレス機能が付いているものもあるのでシャッターチャンスを逃すこともすくなくなるはずです。

結局新しいボディ購入へ

何度か体育館での撮影を経験し、PC上でカラーバランスや露出を変えたりとやってみましたが手間が掛かりすぎて諦めました。その時は Canon EOS 20D から 50D に換えたのですが圧倒的に楽になったのを今でも覚えています。感度を上げてもノイズが許容できる範囲で撮影できる、合焦で迷わないなどなるほど新しいボディはいいなあとしみじみと感じたものです。

試合では取れないアングルを練習試合で

中学生の部活の地方大会では行われる試合数も参加校も数が多いせいか選手以外は同じフロアでの観戦はできないことが多いのです(他にも理由はありそうですがここで挙げるのは控えます)。多くの会場ではキャットウォークや観戦席からの撮影になるので必然的に上から見下ろす構図になります。

高校まで学校のの体育館はほとんどの場合バスケットボールコート(15mx28m)を2面撮れるように規格されるので30mx40mくらいです。ゲームの撮影の際に被写体の反対側の観客席から撮影できれば絵になるのですが、当てが外れて近くで動かれてしまうと真上からの見下ろしになるので映るのは頭の上ばかり。仕方なく撮影場所を変えに動くこともあります。

そんなわけで、練習試合ではゲームをするフロアで撮影しました。いつもは上からの構図も、同じフロアであれば選手と同じ目線で撮影できます。ジャンプの高さ、選手の動きやチーム同士の緊迫感など表現の幅が広くなります。

こういう時のためにも普段からチームメイトの姿も一緒に押さえてデータを配布しておきましょう。何年もこどもの部活の撮影をしましたけど同じようなことをしている方に合うことはまれでした。ビデオはどこのお母さんも回していますが、写真撮影となると試合後の集合写真がメインになっているようです。そのためか、チームメイトのお母さん方には好評だったようです。この好評が得られないと「怪しい男が入り込んでる」となるわけです。

今日のかんたんまとめ

いつもの撮影状況とは違う環境で撮影をすると機材にも異なる要求が発生します。

設定や撮影の工夫を超えてしまう時には機材の変更も検討しましょう。買い替えの時期かもしれません。ただし、お財布と相談の上で。無理をすると長く続きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です