高級ミラーレスデジタルカメラは本当に高画質なの?

デジタル一眼レフカメラでの撮影に慣れたユーザーにとって、高級ミラーレスデジカメの方が画質がいい、という記事を見ると心がざわつきませんか?ピントの精度や合焦時間の短さ、絞りとシャッター速度の変更や露出の調整等々ハードウエアボタンやダイヤルで思いのままに扱えるデジタル一眼レフカメラのほうがミラーレスよりも写りが良いはずと思われるのではないでしょうか。

ミラーレスデジタルカメラの中にはデジタル一眼レフカメラより画質が良い物があることは間違いありません。これはメーカーの違いというよりはカメラの構造の違いからくるのです。ミラーレスと一眼レフの違いはもちろんミラーがあるかないかです。一眼レフカメラにはミラーを収める空間が必要なのに対しミラーレスにはその必要性はありません。その分ミラーレスカメラのレンズ設計には制約が少ないのです。

一眼レフは正確なフレーミングをする、正確な合焦に焦点を合わせて進化しました。そのためレンズとフィルム(現在は撮像素子)の間にミラーを挟み本来はフィルムに行くはずの光をミラーで反射し光学ファインダーに導いています。そのためミラーの収まる空間、ミラーボックスが必要になりレンズ後玉(撮像素子に一番近いレンズ)は撮像素子から離れています。

この距離をバックフォーカスと呼び、レンズ設計に大きな影響を与えます。一眼レフ開発当初は広角系のバックフォーカスを長く取る設計ができずミラーを固定して使っています。またバックフォーカスを小さくするとレンズ全体を小さくできるため、ミラーレスデジタルカメラでは小さなレンズでも高画質のものが数多くあります。デジタル一眼レフ用のレンズではフルサイズ用レンズに比較しAPS-C専用レンズは小さく軽くできています。

レンズ設計に制約がないとレンズの設計は画質を最優先にできます。このためミラーレスデジカメのレンズは高画質なものが多いのです。SONY、OLYMPUS、FUJIFILMのミラーレスデジカメには高画質のものが多くユーザーの評価も高いのです。

ただし、レンズ交換式のカメラの多くはフォーカルプレーンシャッターを用いるためバックフォーカスが10mmを切るような極端な単距離にすることはできません。レンズ交換を拒否したSIGMA DPシリーズのようなレンズシャッターを持つカメラはさらにバックフォーカスを小さくする自由度を得られるため、さらに設計に自由度が生まれます。画質がいいことはもちろんですが、画質を最優先に設計するための枠組みを作ったことが「変態」と呼ばれつつも賞賛を受けるポイントの一つにもなっています。

今日のかんたんまとめ

ミラーレスデジタルカメラが高画質なのはレンズ設計に制約が少ないためです。バックフォーカスを小さくできるため高画質のレンズを設計しやすい構造になっています。

レンズ口径が小さくコンパクトなレンズであっても明るく高画質なレンズが数多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です