カメラ選びの基準 動きのあるものはデジタル一眼レフで

最初はスマホのカメラから

スマホで写真撮ってますか?メモ代わりに、記念写真に、綺麗な風景に、今日のランチ、花火やテーマパーク、コスプレ生活の周りの撮影にはスマホのカメラは身近にあるのでとても優秀なパートナーです。撮った写真の見直しや何度も構図や露出を変えて撮影していますか。もし、何枚も撮っていないのであれば、今日からは何枚も撮影してお本になる写真と同じような写真が撮れるように練習しましょう。

撮ったら誰かに見てもらう

もちろん、自分で良し悪しがわかる方はそれでいいと思いますが、よくわからないという方は身近にいる人に写真がよく取れているか聞いてみましょう。専門家ではない人でも意外に良し悪しは判断がつくものです。どこがいいとか悪いとかは言ってくれませんが、よく撮れた写真かそれ以外かは反応でわかります。

いよいよカメラ選び

しばらくスマホで撮ってみて、納得できる写真が取れているようであれば同じような性格のカメラがいいのかもしれません。反対に結果に納得出来ないのであれば、スマホのカメラとは違う方向性がカメラがいいはずです。

スマホのカメラである程度取れている方は一眼レフは必要ないかもしれません。ミラーレスカメラで撮影できる被写体で写真撮影しているはずです。静物や動きの少ないもの、風景や建物、テーブルの料理などです。

反対に、スマホカメラでは満足行かない方はシャッターチャンスがものにできなかったり、撮影条件を変えたかったりするのではないでしょうか。こちらの方はデジタル一眼レフが良いでしょう。

シャッターチャンスに強いのはデジタル一眼

動くもの、例えば子どもやペット、車やバイク、運動会や体育会の試合などピント合わせや構図の変更を頻繁に求められる方にはデジタル一眼レフが最適です。

シャッターチャンスよりも優先するものがある場合はミラーレス

画質や本体の大きさを抑えたいなど希望があるならミラーレスカメラとなります。

きょうのかんたんまとめ

レンズ交換式は必須ではない

極端な広角や望遠撮影をするのではなければ交換レンズは必須ではありません。自分の一番良く取る被写体用のレンズさえあればそれ以外はあまり必要にならないものです。まずは一本のレンズを味わい尽くしてください。

高級ミラーレスデジタルカメラは本当に高画質なの?

デジタル一眼レフカメラでの撮影に慣れたユーザーにとって、高級ミラーレスデジカメの方が画質がいい、という記事を見ると心がざわつきませんか?ピントの精度や合焦時間の短さ、絞りとシャッター速度の変更や露出の調整等々ハードウエアボタンやダイヤルで思いのままに扱えるデジタル一眼レフカメラのほうがミラーレスよりも写りが良いはずと思われるのではないでしょうか。

ミラーレスデジタルカメラの中にはデジタル一眼レフカメラより画質が良い物があることは間違いありません。これはメーカーの違いというよりはカメラの構造の違いからくるのです。ミラーレスと一眼レフの違いはもちろんミラーがあるかないかです。一眼レフカメラにはミラーを収める空間が必要なのに対しミラーレスにはその必要性はありません。その分ミラーレスカメラのレンズ設計には制約が少ないのです。

一眼レフは正確なフレーミングをする、正確な合焦に焦点を合わせて進化しました。そのためレンズとフィルム(現在は撮像素子)の間にミラーを挟み本来はフィルムに行くはずの光をミラーで反射し光学ファインダーに導いています。そのためミラーの収まる空間、ミラーボックスが必要になりレンズ後玉(撮像素子に一番近いレンズ)は撮像素子から離れています。

この距離をバックフォーカスと呼び、レンズ設計に大きな影響を与えます。一眼レフ開発当初は広角系のバックフォーカスを長く取る設計ができずミラーを固定して使っています。またバックフォーカスを小さくするとレンズ全体を小さくできるため、ミラーレスデジタルカメラでは小さなレンズでも高画質のものが数多くあります。デジタル一眼レフ用のレンズではフルサイズ用レンズに比較しAPS-C専用レンズは小さく軽くできています。

レンズ設計に制約がないとレンズの設計は画質を最優先にできます。このためミラーレスデジカメのレンズは高画質なものが多いのです。SONY、OLYMPUS、FUJIFILMのミラーレスデジカメには高画質のものが多くユーザーの評価も高いのです。

ただし、レンズ交換式のカメラの多くはフォーカルプレーンシャッターを用いるためバックフォーカスが10mmを切るような極端な単距離にすることはできません。レンズ交換を拒否したSIGMA DPシリーズのようなレンズシャッターを持つカメラはさらにバックフォーカスを小さくする自由度を得られるため、さらに設計に自由度が生まれます。画質がいいことはもちろんですが、画質を最優先に設計するための枠組みを作ったことが「変態」と呼ばれつつも賞賛を受けるポイントの一つにもなっています。

今日のかんたんまとめ

ミラーレスデジタルカメラが高画質なのはレンズ設計に制約が少ないためです。バックフォーカスを小さくできるため高画質のレンズを設計しやすい構造になっています。

レンズ口径が小さくコンパクトなレンズであっても明るく高画質なレンズが数多くあります。